http://blog.hatena.ne.jp/hatenasupport/tsubame-chem8.hatenablog.jp/subscribe

tsubameのイロイロ

おもったこと、きづいたこと、イロイロ

祝日のイロイロ

日本の祝日、多すぎ。
外国と比べても多すぎです。

【祝日数】
日本:17日
アメリカ:10日
韓国:10日
フランス:7日
イタリア:7日

たくさん休める、と思うでしょうけど、これが有給休暇を取れない理由だと思います。そして製造業を含めた技術大国日本を弱体化させた理由の一つなのでは、とも思っています。

他国はロングバージョンを取ったり、クリスマス休暇を取ったりしていますが、日本だってお盆・年末年始は休んでいます。
有給休暇日数と祝日数を足し合わせたら、おそらく日本の一般サラリーマンは他国と同等、もしくはもっと休んでいることになります。

そもそも何で休みまで国に指定されなければならないのか。私はそれがとても嫌です。海の日、山の日、あたりは言葉になりません。

祝日といっても遡るとイロイロなものがあります。これについてはコラムニストの堀井憲一郎さんの本に書かれていますので、それをご覧いただければと思います。この本はその他にもいろんなどーでもいいことを真面目に調べています。世の中はどーでもいいことで出来ている、と思っているので、納得行くことがたくさんあります。

https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784163760001

祝日は大きく分けると「天皇家の行事」と「その他」に大別できます。
天皇家の行事」は春分の日秋分の日、勤労感謝の日などです。明治時代には異なる名称だった祝日もあります。新嘗祭などがそれに当たります。
これらは日にちが決まっていますので、休みをずらすことができません。これについては祝日として残してもいい、というか、残さないとイロイロとあるので…。ここでは議論しません。

問題はその他のどーでもいい祝日。これは日にちをずらせます。だから法律によって月曜日にずらせたのですね。本当にひどい。

土日が休みの場合、祝日をまともに休むと、日本人って1年のうちの1ヶ月はまるまる休んでいるんです。

そりゃ技術力、落ちるわ。

ガチャピンのイロイロ

ガチャピンって、最強ですよね。
陸・海・空の全てを制している上に、宇宙にも行ってるわけだから、全世界の軍よりもガチャピンの方が先を行ってますよね。

海では水上スキーできるし、雪上ではどんな雪道でもスキーもスノボもできるし。空から飛んでスカイダイビングもできるなんて。ヤツにできないことって、あるんでしょうか。
「敵に回したくない人」っていう言い回しがありますが、ガチャピンだけは絶対に敵に回したくありません。

ガチャピンから少し逸れますが、「アンパンマン」のチーズも半端なく凄いヤツだと思ってます。
アンパンマンの顔が濡れて力が出ないとき、通常はジャムおじさんがパンを焼き、バタコさんがアンパンマン号を運転して、ジャムおじさんが精度抜群の投手力で顔(パン)を投げるのですが、たまにジャムおじさんが外出できない場合があります。その場合はバタコさんとチーズの組み合わせになります。

バタコさん:顔を投げる役
チーズ:運転手

イヌ!運転してるし!その他にもチーズの能力はあるのですが、調べるのが面倒なので割愛します。

ガチャピンに戻りましょう。
ガチャピンって、できないこと、無いのかなぁ。うちの会社にもガチャピンほしいなぁ。絶対に優秀な社員でしょう。でも、外資ヘッドハンティングされてしまうかも。
あと、ガチャピンを採用した場合は、もれなくムックも採用しないと。ムックも優秀だと思います。だってムックって、メンタル強そう。そしてムックの無表情さって威圧感もあるし、優しいようにも見えるし。

ムックは相手の気持ちを映す鏡ですね。ムックも即採用!

あ〜、ガチャピンもムックも、そしてチーズもうちの会社のうちの部署にこないかなぁ。仕事してほしいなぁ〜。

Go to travel, Go to eatに見る、FMEA及びリスクアセスメントの大切さ。

Go to travel, Go to eatにおける政府及び監督官庁の後手後手の対応についてはテレビで連日報道されている通りであり、このブログで書くまでもないと考えます。Web上には細かい説明が多々なされているので、必要な方はそちらをご覧ください。本ブログでは「何でこんなことになってしまうのか?」ということを考えたいと思います。

考えてみればわかることなのに、何でわざわざ抜け道を放っておいて制度を開始したのか。納期の問題なのか?
私は製造業に従事し、製造スタッフの業務を行っています。納期が問題だとしても、問題のある製品を製造・出荷することはありません。出荷後に顧客からクレームが来たら、信用が下がりますし、クレーム対応による業務増加により、通常の生産量・生産率も低下します。
これが環境・安全衛生であれば、これも大きな問題です。環境・安全衛生は法に直結します。これらは全て法の基準に従うものであり、法定基準を超えた場合は生産は停止し、罰則も課せられます。そのため、それら法律・政令を守るために、生産時に何をするか。それがFMEAであり、リスクアセスメントです。

FMEAはFailure Mode and Effect Analysis の略で、日本語では「故障モード及び影響の分析」となります。リスクアセスメントは潜在する、もしくは顕在するリスクの分析です。
何か物事を始めるとき「何か起きたらどうしよう」という悩みを、手順に従って定型的に実施することがこれらの手法です。「何か」が起きた時、それがどのような影響を及ぼすのか、どのように検出するのか、影響の大きさと範囲はどれくらいなのか。複数の事象が発生する場合は、どこから対応するのか優先順位を決める。優先順位が決まったら、どのように対策を施すのか。
これらの手法は「作業前」に行います。未知の事象が生じた場合は「事象発生後」に行うこともありますが、新規の案件の場合は「作業前」に実施します。事前に課題を洗い出し、未知のリスク・故障モードを既知にして事前に対策を施しておく。その後に試行、もしくは正式に実行する。これがリスクや故障を事前に抑えておく方法です。

前置きがだいぶ長くなりましたが。今回のGo to travel, Go to eatのバタバタ。これは完全に人災です。環境安全衛生で言えば法令違反。工場で同じようなことが起きて、工場火災や爆発が起きたら労働基準監督署、消防署、警察署への通知。工場は生産停止です。
それを政府及び官庁が行っているという事実は救いようがありません。この業務に関わっている人はFMEAやリスクアセスメントという言葉や内容を知っていたのでしょうか。また、行ったことはあるのでしょうか。私は「ない」と言わざるをえません。

FMEAもリスクアセスメントも手間です。ただし、その手間を欠かさないことによって、その後に発生するより煩雑な、そして生産性のない業務を減らすことが可能となります。「急がば回れ」という言葉の通り、そして「段取り」を怠らないこと、これらが何においても大切なことと実感する出来事でした。

初心者のイロイロ

物事を始めるときはみんな初心者。初心者は本当に大変。新しく覚えることが大変。そして覚えた後に使いこなすのも慣れるまでが大変。
新しい仕事や趣味、資格試験など、さまざまなことを始めることがありますが、まずは初心者を2つに分けたいと思います。

  1. 既に身につけている知識の拡張版。自分の能力を横に広げる物事を始めるとき。
  2. 全く知識なし。一から物事を始めるとき。

『1』は分からないこともあれば、少しかじったことがあることもあるので、始めやすいです。
私は化学系についての知識はあったので、以前のブログで書きました公害防止管理者や環境安全衛生関係は、それほど苦にならずに始めることができました。
問題は『2』。もうさっぱり分からないところからのスタート。昔簿記3級を趣味で取得しましたが、最初はさっぱりわからず。参考書を片手に悪戦苦闘。商業高校の高校生と一緒に受検しました。

最近ではソフトウェアの運用を業務として指示されました。プロジェクトですが、チームではなく一人で行う業務となりました。みんな忙しいので。
知っている知識は拙いマクロの知識とExcelの関数のみ。この二つだけでクラリス社のFileMakerというソフトを使いこなす必要になりました。
さらにソフト外注のために複数のソフトウェア会社とWeb会議を行ったのですが、相手はシステムエンジニア。プロ。それに対してこちらはど素人。前もって「素人なので仕様は伝えますが、無理なお願いや的外れな依頼をしている可能性があります」と前言い訳をしておきました。複数社と2時間くらいずつ打ち合わせをしましたが、終わった瞬間に疲れがどっと出ました。分からん…。

あとは趣味の資格試験兼仕事の一環でエネルギー管理士(電気)の勉強を始めるのですが、電気…。高校の物理以来です。装置の図面でちょっと見たことのある絵は描いてあるのですが、使い道が全く分かりません。直流電源と交流電源とか、ホイートストンブリッジとか、位相とか。通信教育を活用して覚えます…。

将棋もなぁ…。将棋ウォーズ(日本将棋連盟公認のアプリ。能力が上がると段位・級位が認定される)も4級止まり。こういうものはゴルフを覚えた時も同様ですが、お金を払ってでもコーチングプロに習った方が良いと思います。独学は限界がある。と、言い訳していますが、単に勉強する時間が短いだけです。はい。勉強時間が少ないのは自覚しているので、一生懸命勉強します。

初心者も辛いけど、その次は初心者から中級者にレベルアップするときの壁なんだよなぁ…。一皮むける、というか。その時の努力も大変で。
要は「人生一生勉強の日々」ということですね。受験生の皆さんも、受験生を持つ親御さんも、定期テストを迎える皆さんも、人生一生勉強ですから。勉強に始めるタイミングに遅いこともないですが、終わることもない。苦行だなぁ。

夕焼け空。

今日は何書こうかなぁ、と思いながら散歩がてら買い物に行きました。帰りに空を見上げたら、夕日で色付いた雲が浮かんでいました。

f:id:tsubame_chem8:20201017173918j:plain

「きれいだなぁ」

夕焼けが見える日は次の日が晴れ。
西の空に雲がないから夕焼け空が晴れ。
最近も同じことが言えるのかなぁ。ゲリラ豪雨だったり、地形的に東の方から雲が流れてきたり。いろんな理由で単純に「夕焼け=晴れ」にならないのかも。

でも、夕焼け空がきれいなことは、変わらないか。

結婚までの儀式にまつわるイロイロ

デジタル化だぁ〜!
はんこは無くそう〜!
婚姻届と離婚届を手始めにはんこをやめよう〜!

と、世の中が元気に叫んでいるようです。デジタル化もはんこを無くすことも、私は賛成です。はんこ屋が困るなぁ、と思いますが、全てのはんこを無くす必要はないと思っています。実印はいるかなぁ、くらいです。

婚姻届を出したことはありますが、離婚届を出したことはないです。これからもない、と思います。妻に離婚届を突き出されないよう、日々精進したいと思う所存です。(妻も本ブログを読んでいるので、間接的に「よろしく」と伝えておきます)

婚姻届と離婚届のはんこを無くすかどうか。ニュースでは男性の方が「はんこ押したい派」が多いようです。
婚姻も離婚も、サバサバしているのはやはり女性のようで、男性はウジウジしているんですね。その結果、夫婦生活は妻を立てたほうが夫婦円満です。これは私の経験、そして私の周りの夫婦を見た結果です。

私はこのニュース、最初にはんこ無くてもいいかな、と言いましたが、投票する権利がないと考えています。何故かというと…。

婚約指輪、自分で買ってません。
遠距離だったこともあり、何を買えば妻が喜ぶかもわからなかったので、自分で買いませんでした。どうしたかというと…。

「妻の家族に買ってきてもらう」
「支払いは振り込みで」

いやぁ、ダメ婚約者ですね。現金振込で終了ですから。通帳の数値が無くなったなぁ、という思い出しかありません。
そして結納当日に婚約指輪を初めてみました。

「めっちゃダイヤがデカい!凄いねぇ
!」

もはや他人事。自分で買ってませんから。

と、いうことで、私には婚姻届にはんこを押すかどうか、などという高尚な議論に物申すことはできません。婚約指輪すら自分で買っていないのですから。渡す相手におまかせって…。

妻いわく、「デジタル化したら結婚数も増えるけど、離婚数も増えるよ」。ごもっともで。

研究開発職が環境安全衛生職を兼務するまで

化学工業系の会社に入社し、化学工業だなぁ、と思っていたら最先端ICT関係の研究開発及び製造業務を行うことに。
就職氷河期だったので、「企業相手の製造会社に就職したい」という要望が叶ったので、それは幸せでした。
最終面接でも「何か希望する仕事はありますか?」と聞かれて「所属した部署で成果を上げることに注力するので、希望はありません」と答えたので、配属先に対しては異論ありませんでした。

会社員であっても自営業であっても、仕事をする上で大切なことは「顧客満足度」を気にすることだと考えます。
私は会社から「空を飛べ」という指示があれば空を飛びます。ただし、法と命は守ります。大事なことは「何のために『空を飛べ』と指示を出されたのか」ということ。顧客の求めるもの、仕様であったりスペックであったり。それを満たせばどんな「空の飛び方」であっても指示に対する成果を出したと考えます。
それがジャンプするだけでも、飛行機に乗るだけでも、パラグライダーでも、バンジージャンプでも。顧客が満足する「空の飛び方」さえすればいいのです。

と、話が少しずれましたが、研究開発時代はそんな感じで顧客の求める製品開発を行っていました。私たちが「良い」と思っている製品でも、市場に出回らなければ製品が世の中で活躍しない。信念は曲げない方がよいと思いますが、顧客の満足する製品に仕上げることも、研究開発者にとって大変重要な能力の一つだと考えます。


で、そんな研究開発時代からの転機が製造部門への転属。
ずっと製品作りに邁進していたところにきて「環境安全衛生関係の業務を行ってくれないか」という依頼(会社でいう依頼=指示、と思っています)を受けました。
何だかわからないまま「はい」と答えました。ここからが環境安全衛生関係の戦いの始まりでした。
まずは排水関係。研究開発のために間借りしていた生産装置とだけ向き合ってきた私が、設備(ユーティリティ)を覚えるところからスタート。プラントの図面を読む日々。バルブの図すら分かりませんでした。
そして法律という大きな壁。そうです、公害防止管理者にならなければならなかったのです。合格率20~30%の国家試験。しかも年1回のみの試験。絶対に負けられない戦いに放り出されました。必死としか言いようがない勉強をして、ようやく水質一種を取得。ついでに、ということで大気一種も取得。
次は安全衛生。こちらも法律に基づきます。衛生管理者第一種。こちらも試験。資格を取得することも大事でしたが、同時にこの勉強によって従業員の仕事環境はさまざまな法律によって細かく規定されている、ということを知りました。まさかトイレの数まで指定されているとは。そんなこと、研究開発時代に知るはずもなく。
最後は、というかこれが最初だったのですが、ISO14001。これは法律ではありませんが、要求事項を満たさねば承認されません。
下記の本を穴が開くくらい読みました。そして部内の各種書類とISO14001を紐づけていきました。

www.amazon.co.jp

いつの間にか研究開発職から環境安全衛生に対して、一通り理解できる能力を得ることができました。
私はこの能力を得られる機会を与えてくれた会社に感謝しています。なぜなら実業務を行いながら資格を取得できたからです。これだけの業務を行えるようになれば、どの会社や部署に変わっても、ある程度の自信をもって仕事ができると考えるからです。

何が将来の仕事に役に立つか。そんなことは誰にも分かりません。自分自身にも分かりません。でも、言えることは「今持っている能力を適切に発揮すること」「持っていない能力があるのであれば、習得すべく努力を重ねる」。当たり前のことですが、そんな当たり前が結局は役に立ちます。